おやつのドッグフードのメリット

口内の掃除が出来る

オヤツによって、口内に残った食べカスや歯垢を除去することが出来ます。
いわゆる犬用のガムは、本来は出来ない犬の歯磨きを可能にしたオヤツです。
非常に硬いのですが、実は犬用のガムは歯垢を吸着する作用があります。
ですので、犬の虫歯予防になるのです。
本来であれば肉食の犬は虫歯にかかることが無いのですが、ドッグフードには穀物が含まれていることが多く、コレが歯垢になり虫歯の原因になるのです。
犬の虫歯は人間と違い治療が大変で、特に大型犬になると病院に運ぶまでに一苦労です。
ですので、なるべくなら虫歯にならないように日ごろからチェックすることが大切です。

顎や歯の健康を促進できる

おやつのドッグフードは、犬の歯や顎を鍛えてくれます。
人間と同じように、犬の顎と歯は衰え始めると食事も難しくなります。
ですので、普段の食事から顎や歯を鍛えることが出来るものを与えると良いのです。
先述の犬用ガムに加え、例えばジャーキーも硬くてよいですね。
また、最近では小魚を使ったフードも増えています。
カルシウムは普段のドッグフードから摂取することは極めて難しいので、オヤツとして摂取させると良いでしょう。
カルシウムは顎の骨や歯の成長に不可欠な栄養素です。

普段のフードでは摂取できない栄養素を摂る事が出来る

普段から食べているドッグフードでは摂取できない栄養素を取り入れることが出来るのも、犬用のオヤツの良いところです。
特に手作りしてあげると、その幅はグンと広がります。
例えばヨーグルトとキウイ、そして辛くない大根を摩り下ろした大根おろしを混ぜて与えてあげると良いです。
キウイと大根には消化酵素が多く含まれており、またヨーグルトには乳酸菌が含まれて居ます。
前者の消化酵素はたんぱく質を分解するために必要な物なので、例えば消化不良の予防になります。
後者の乳酸菌は、胃の中で死滅した後腸内で善玉菌のエサとなるため、善玉菌の数が増えて便秘や下痢を防いでくれます。
オヤツによって普段はなかなか摂取できない物を食べることで、健康を保つことが出来るのです。

筋肉や骨格の成長を促すことが出来る

オヤツからたんぱく質を多く摂取することで、筋肉や骨格の成長に役立ちます。
代表的なのがジャーキーですね。
肉を乾燥させたものなので硬く、そして高たんぱくです。
たんぱく質は筋肉や骨格、そして体毛を生成する材料なので、なるべく多く摂取する必要があります。
ですので、オヤツを活用すると良いのです。