おなかの調子改善のドッグフード

よく吐くときは、肉の比率が大きい物を

頻繁に吐いてしまう場合は、肉の比率が大きい物を与えてみると改善することがあります。
一般的なドッグフードは穀物の比率が高く、犬にとっては消化が悪いです。
そのため胃の中に残ってしまい、吐いてしまうのです。
いわゆる消化不良ですね。
ですので、肉食動物である犬の体に合った、肉の比率が大きいドッグフードを与えると消化不良が改善するというわけです。
この際、「ミール」と書かれた物は選ばないように注意しましょう。
ミールは畜産動物を細かく砕いた物を指します。
コレには肉だけでなく骨や皮膚、あるいは毛やツメまで含まれているのです。
ミールを与えるとアレルギー反応を示す可能性があるので、避けたほうが良いのです。
肉の比率が大きい物は、胃に優しいだけでなく成長促進の効果もあります。

下痢が続くときは、乳酸菌を摂取させる

乳酸菌の入ったドッグフードを与えると、下痢が治まります。
下痢が多いということは、腸内で悪玉菌が増加しているという場合が考えられます。
この悪玉菌を処理してくれるのが善玉菌なのです。

善玉菌を増やすには、えさになる乳酸菌を多く摂取すればよいです。
ですので、例えばチーズ系ドッグフードのような発酵乳を用いたドッグフードをおやつとして与えると良いでしょう。
一般的なスライスチーズでもさほど問題は無いですが、塩分が高い為あげすぎには注意が必要です。
また、ヨーグルトをフードとして与えるのも良いです。
ドッグフードの上にヨーグルトをかけてあげると食いつきも良くなるので、大変オススメです。

便秘のときは、レトルト系がおすすめ

便秘の時には、レトルト系のドッグフードを与えてみましょう。
便秘の原因としてもっとも多いのが水分の不足です。
普段のフードがドライドッグフードである場合、摂取した水分がフードに吸収されます。
ですので、食べたドッグフードの量が多いとその分便も硬くなってしまい、結果便秘になってしまうわけです。
ですので、レトルトタイプのようにフード自体に水分が多く含まれている物を与えると、便秘が改善するというわけです。
しかし、逆に水分の摂取量が多くなってしまうと今度は頻尿や下痢の原因にもなってしまいますのでバランスを考えて与えてあげると良いでしょう。
また、レトルトタイプは冷凍保存可能な物も多いので頻繁に便秘になる犬に対しては便秘時用のフードとして保管しておきましょう。

食欲が無い時は、酵素入りの物を与えてみる

食欲が無いときは、胃に異変が起こっていることが考えられます。
犬の胃にはペプシンという酵素が存在しており、コレが消化を助けるのです。
しかし、ペプシンが不足してしまうと消化力も落ちるので自然と食欲もなくなってしまいます。
ですので、酵素入りのドッグフードを与えてみるのです。
酵素は新鮮な野菜や果物に含まれている為、レトルトタイプのものがオススメです。
また、果物をオヤツに与えるという方法もあります。
例えばキウイはペプシンが豊富で、レストランでも肉をやわらかくするのに使用されています。
また大根を摩り下ろした物も効果があるので、消化に良いフードと一緒に与えてみましょう。